鯛丸ごと1尾を使ったレシピ!たくさんもらったので色々作ってみた!

鯛料理 いろいろ
先日、思いがけず、夫が知り合いから鯛をもらってきました♪

8尾もらったんですが、4尾は夫の実家へ。
あと残りの4尾は家に持ってきました!

丸ごと1尾をお店で買うことがなかなかないので、何を作ろうか??

まずは、お刺身、塩焼き、鯛めし、鯛のこぶじめ…
などですかね~

で、今回は、定番の塩焼きと鯛めし、鯛のアクワパッツァを作ることにしました♪

本来は、アサリなどの貝類を入れるみたいなんですが、急だったので用意できずアサリはなしです^^;

鯛だけでも、美味しくできましたよ♪

もしも、同じように鯛をたくさんもらった時の参考になればと思い、レシピをご紹介します♪

便利な裏技なんかも、一緒に紹介してますよ~

まぁ、めったにもらえることなんてないですけどね~(笑
海釣りの好きな知り合いがいれば、別でしょうけど!

また、もらえたらいいなぁ^.^

 

定番の『鯛の塩焼き』

鯛の塩焼き
やっぱり、まずは、塩焼きですね!

今回は、実家に持って行ったこともあり、お義母さんがさばいてくれて、塩とお酒で下味を付けておいてくれたので、楽チンでした♪

 

< 材 料 >

鯛 1尾
塩 大さじ1
酒 大さじ2

かぼすなど(お好みで)

 

< レシピ >

(1)鯛の下準備

鯛に切り込みを入れ、両面に酒をかけて5~10分置き、水気を拭き取って振り塩をします。

 

(2)焼きます!

温めておいたグリル網に薄くサラダ油をぬります。
焼きあがり、鯛の頭が左に来るように盛りつけた時、裏側になる方から焼きます。

 

うちの魚焼きグリル(受け皿に水を張るタイプ)の場合

強火で初め7分(盛りつけた時ウラにくる方)で焼いて、ひっくり返して5分(盛りつけた時オモテにくる方)焼きます!

※ご自宅のグリルや鯛の大きさによって違うので、参考までに!

※尾ビレと胸ヒレは、焦げやすいので、アルミホイルでくるむと焦げませんよ~
家で食べる時は、面倒なのでやりませんけどね^^;

 

(3)盛り付け

鯛の頭が左にくるように盛りつけ、お好みでかぼすなどを飾ります。

 

魚のウロコ取りの裏技

魚のウロコ取りなんですが、包丁などでとる時、うろこがあちこちにはねて掃除が大変って思ったことないですか?

テレビで見て使えると思った裏技があるのでご紹介♪

ズバリ!!

ペットボトルのフタで、ウロコを取るだけ!

ホント、これ使えますよ。

包丁などでやるより、全然飛ばない!!
しかも、キレイにウロコが取れます。

おススメの方法なので、一度試してみて~♪

ペットボトルのフタ
 

思ったより簡単!絶品!『鯛めし』

鯛めし
「鯛めし」って何だか難しそう^^;

って、私も昔は思ってました~

作ってみたら、思ったより簡単ですよ~
そして、むっちゃ美味しい♪

ちょっと手の込んだ料理に見えちゃうので、ぜひチャレンジしてみて~♪

 

< 材 料 >

鯛 1尾
米 3合

◎水 3カップ弱
◎しょう油 大さじ1
◎お酒 大さじ1
◎だし昆布 5センチ位

あら塩 適量

しょうがの千切り 1片分
小口切りしたねぎか千切りにした青じそ お好みで

 

< レシピ >

(1)お米をといでざるにあげ、30分くらいおきます。

 

(2)◎印を合わせておきます!

 

(3)鯛を焼きます!

鯛に切り込みを入れて、あら塩をふって焼きます!

※焼き方は、上記の塩焼きのレシピを参照してください!

 

(4)炊きます!

炊飯器に、お米と(2)を入れ、焼いた鯛を入れます。

この時、だし昆布をお米の上に置き、その上に焼いた鯛を置きます。

▼こんな感じ!
鯛めし(炊飯器セット)
炊飯器のスイッチをON♪

 

(5)鯛の身をほぐします!

鯛だけを取り出して、身をほぐします。

※鯛の骨は、しっかりしてるのでちゃんととって下さいね~
刺さったら、大変ですから。

 

(6)ご飯と混ぜ合わせ、出来上がり~♪

身をほぐした鯛とご飯、生姜の千切りを混ぜ合わせます。

茶碗に盛りつけた鯛めしに、彩りで、小口切りのネギや青じその千切りをのせるとキレイで美味しいですよ♪

 

作った感想♪

今回、たまたま冷蔵庫にあった 新生姜の千切り を入れました。
コレが、美味しい^.^

あるならば、新生姜おススメです♪

生姜なんですが、いつもは炊く時に入れてました。

新生姜ということもあり、炊き上がりに入れてみたんですが、思ったより美味しかったので、これからは炊き上がりに入れようかと思ってます。

次回は、普通の生姜でチャレンジです!
(いつになるかは、わかりませんが…)

そうそう、残った鯛めしを冷凍保存しておいて、食べたい時に解凍して、だし汁をかけて『鯛茶漬け』にするのもおススメですよ~♪

 

豪華♪アクアパッツァ(アサリなし)

鯛のアクアパッツァ(アサリなし)
本来は、アサリなどの貝類を入れるらしいです。

今回は急だったので、鯛のみで作りました!

 

< 材 料 >

鯛 1尾
酒 大さじ1/2
塩 少々

オリーブオイル 大さじ1
ニンニク(スライス) 1片分

☆玉ねぎ 1/2個
☆しめじ 1/2株
☆ブロッコリー 50g
☆ミニトマト 6~8個
☆オリーブオイル 大さじ1

◎水 100ml
◎白ワイン(酒)70ml
◎塩 少々

※今回、ブロッコリーが少なかったので冷凍の枝豆で代用しました^^;

 

< レシピ >

(1)鯛に酒と塩を振って10分位おきます!

 

(2)野菜は、食べやすい大きさに切ります!

ブロッコリーは、ゆでてなかったらゆでておいてくださいね。

 

(3)鯛を軽く焼き色がつくまで焼き、取り出します!

フライパンにオリーブオイルを入れ、スライスしたニンニクを入れます。
香りが出たら、ニンニクは取り出し、鯛を入れて焼きます。

※鯛を左頭に盛りつけた時に裏側にくる方から焼きます。

 

!注意点!

ココで失敗してしまったんですが、ひっくり返す時に皮がはがれちゃいました^^;

(表側でなくてよかった~)

火を通した魚は繊細で崩れやすく、あっという間にボロボロになってしまいます。

そこで、クッキングシートを敷いて、その上にオリーブオイルとニンニクを入れ、鯛を焼きます。

クッキングシートを持ち上げてひっくり返せるので便利♪

ハシやトングなどで、鯛を支えるようにして使ってみて。

今回は、盛りつけた時に表側にくる方は、グリルで急きょ焼きました^^;

グリルで焼いた方が、いい感じかも~
しっかり焼かず、軽く焼き色がつくくらいでOK!


(4)玉ねぎとしめじを炒めます!


鯛を取り出したフライパンに「オリーブオイル 大さじ1」を入れ、玉ねぎとしめじを炒めます。

さっき、取り出したニンニクも入れちゃいます。

 

(5)鯛を入れ、煮込みます!

野菜がしんなりしてきたら、(3)の鯛を入れ、◎印の調味料を入れ、弱火で煮込みます。
(約10分)

 

(6)残りの野菜を入れます!

ブロッコリーとトマトを入れ、少し煮ます。

塩コショウで、味を調えます。
(ブラックペッパーの方がおススメ♪)

 

(7)盛りつけて、出来上がり~♪

皿に鯛を入れ、野菜を入れて、スープをかけて下さいね。

鯛は、左側に頭がくるように盛りつけます。

 

作ってみた感想♪

鯛1尾を使ったアクアパッツァは、今回初めて作りました~

お店などで食べたことないので、本物を知りませんが^^;

今回は、鯛めしがあったのでやらなかったですが、”しめ”に残ったスープでパスタを入れても美味しそうです。

今回、ブロッコリーが少なかったので、冷凍の枝豆を足しました。

思いのほか、美味しかったですよ♪

コレは、アリですね~^^

 

魚を左頭に盛りつけるわけ

めで鯛
レシピで、「盛り付けは魚の頭を左に!」って書いてありますが、なぜ左頭に盛りつけるか疑問に思ったりしませんでしたか?

私も昔から、そう習ってきたんですが、なぜかはハッキリ知りませんでした。

ちょっと気になり調べてみることに!

 

昔からお魚を盛りつける時に、川背海腹という言葉があります。

これは、姿焼きにした魚を盛りつける場合、川の魚は背を手前にし、海の魚は腹を手前に盛りつける、という意味です。

 

理由は、川の魚と海の魚を区別する為だそうです。

 

のちに祝い事に、海の魚の鯛などが使われるようになり、祝儀は左が縁起物になりました。

そして、葬儀などの不祝儀には、その反対の右にするんですね。

 

なので、海の魚は右頭は縁起が悪い。

祝儀で、例え川魚が出ても、右頭は縁起が悪いので、基本出さないです。

葬儀などの不祝儀で、右頭は当然で、左頭は遺族へ対して失礼になるそうですよ。

また、頭を左にするのは、右利きの人が多いので、食べやすいからともいわれてるそうです。

 

鯛料理、色々作ってみた感想♪

鯛
今回は、実家でさばいて下味までつけてくれていたので助かりました~♪

お義母さんに感謝です!

 

アクアパッツァは、鯛1尾使わなくても 鯛の切り身 でもできますね。

もちろん、他の魚でもいけそう。

例えば、カサゴやスズキなど、クセのない白身魚ですかね。

あと、魚の皮や骨から魚介の旨みが出て、味に深みが出るので、刺身などの切り身よりも丸ごと1尾か皮つきの切り身の方がおススメだそうです。

例えば、鮭やカレイなどですかね。

 

次回は、アサリを入れて作ってみたいです♪

また、美味しい鯛料理があったら更新したいと思います。

 

ココまでお付き合い頂きありがとうございました!
笑顔あふれる素敵な1日をお過ごし下さいね(^v^)

関連記事

【トンテキ】【簡単!トウモロコシを電子レンジでチン!と保存方法】

とある日の夕食は・・・ ★トンテキ ★トウモロコシ ★漬物     でした~

記事を読む

おつまみに最高【砂肝ピリ辛炒め】簡単にできる砂肝の下処理

ある日の夕飯に、『砂肝のピリ辛炒め』を作りました。 おつまみに、最高です! 切って、

記事を読む

丹波篠山の『山の芋』って知ってる?美味しいレシピをご紹介!

丹波篠山の山の芋って知ってますか? うちの親戚が兵庫県篠山市にいるので、よく頂けるので

記事を読む

【ねこぶだし】楽天で売ってたよ!美味しいレシピもご紹介♪

朝方、目が覚めてテレビをつけたらネットショッピングがやっていて、『ねこぶだし』を紹介してまし

記事を読む

晩御飯 『ナスの豚バラ巻き』からの『塩焼きそば』

とある日の晩御飯に『ナスの豚バラ巻き』を作りました! フライパンに残った豚バラの油で、塩焼きそ

記事を読む

秋が旬!美味しいサンマの選び方から焼き方まで伝授しちゃいます!

久々にサンマの塩焼きを焼きました。 サンマは、塩をふって魚焼きグリルで焼くだけなので、簡単

記事を読む

私の人生で初めて出会った柑橘類の『はるか』!知ってますか?

先日、エスティシャンの友達と定期的に行っている勉強会に久々に参加してきました。 勉強会の話

記事を読む

ハシがすすむ【豚肉と厚揚げの煮物】【厚揚げの効果】

とある日の晩御飯は・・・ ★豚肉と厚揚げ煮物 ★ポテトサラダ ★ローストビーフ  でした~

記事を読む

鯖缶が激ウマに変わる美味しいレシピ♪こんなに美味しかったのね~

最近、話題のサバ缶♪ テレビなどでもよく紹介されてますよね~ サバ缶は、生の鯖よ

記事を読む

蟹を通販サイトで買うなら「蟹ならココ!」ってところをまとめました

寒くなってくると『かに』食べたくなりませんか? お歳暮のシーズンやお正月に、カニがある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • S局の自己紹介

    多くのブログがある中、来て頂きましてありがとうございます♪
    S局と申します!

    メモ魔の私は、「コレ、美味しそう!」「役に立ちそう!」って思ったら、メモメモ♪

    そんなメモの中から作ってみた料理や暮らしに役立ちそうな情報をブログにつづってます!

    詳しいプロフィールはコチラ!

PAGE TOP ↑